シドニーでスキミング被害に遭い、口座からお金が消えた話【オーストラリア】

Hello!
オーストラリアでワーホリ中に起こった事件ベスト3に入るお話。

皆様、スキミングという言葉をご存知でしょうか?

スキミング(英語: Skimming)とは、カード犯罪で多く使われる手口の一つで、磁気ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出し、全く同じ情報を持つクローンカードを複製する犯罪である。
出典:wikipedia

 

実際のスキミングにおいては、商店・ホテル・レストラン等のサービス業店頭に設置された読み取り装置内に、読み取られたカードの情報を記録、または送信・中継する部品が不正に組み込まれていたり、もしくはカードを一時的に盗んで、スキマーを利用して情報を読み取るといった手口が知られている。また中には、警官や信販会社のサービスマンになりすまして、カードをチェックするふりをして、正当な所有者の目前でスキミングマシンに堂々と通して情報を盗むという事例も報告されている。

出典:wikipedia

恐ろしいですよね、
オーストラリアはカード社会
なのでいつ自分が被害に遭うかもわかりません。
僕も、まさか自分が!って思いました…

それでは、僕がスキミング被害に
遭った日の事からお話していきますね!

スキミング被害に遭った事を知った日

それはシドニーシティから
電車で少し走ったバーウッドという町の
お気に入りのバッパーにチェックインし終え、
共用スペースから見える
中庭プールではしゃぐヨーロピアン達を
眺めていた時でした。

いつものようにネットバンキングから
自分の口座残高を確認
(オーストラリアのnab bank)したところ、
数分おきに少額の引落としがあり、
しかも徐々に金額が増えていってるんですね…
そして最終的に、
ドン!っと大きい金額が引落とされて、
僕の口座残高にはほとんど
お金が残っていませんでした。

一瞬頭が真っ白になった次の瞬間、
僕の携帯に一通のメールが届きました。

「あなたのデビットカードが不正に使用された可能性があったのでカードを停止しました」

銀行からでした。
あー、これあれや、
スキミングや、まさか俺がやられるなんて!
そう思って、メールに続きが
あったので読み進めていくと、

「この内容については
カスタマーサービスに電話し、
確認してください」

とありました。
英語で電話って結構ハードル高いし、
意思疎通が曖昧になるのも嫌だったので、
翌日直接銀行へ行くことにしました。

幸い、チェックインする前に
いくらかの現金をおろしていたので、
しばらくはなんとかなりそうでした。

スキミング被害に遭ってからどういう行動を取ったか

次の日、直接銀行へ行きました。
昨日届いたメールを見せ、
自分の知らない誰かに
口座からお金を盗まれた
という事を伝えました。

担当してくれた白人のオネーサンは
メチャクチャ親身になって対応してくれて、
まず僕の代わりに
カスタマーに電話してくれました。
カスタマーからの質問をゆっくり
僕に伝えてくれて、
僕の答えをしっかり確認し、
それをカスタマーに伝える。

口座の引落し履歴を一つ一つチェック。
これは自分が使ったものか、ちがうのか。

そんなやりとりを繰り返して、電話が終わります。

「あなた以外の誰かが不正に
口座からお金を使用したことが認められたわ。」

「不正に使用されたお金は、
全額返金されるから安心してね(ウインク)」

うわー、良かったー!
もうほんとに安心しました>_<

なによりオネーサンの神対応が素晴らしかった!
ほんとオネーサンに応対してもらって良かったー。

ただ返金まで3〜4週間かかるそうなので、
それまでは節約生活でしたね泣

 

結局どこでスキミングされ、使用されていたのか

さて、お金も返ってくる事になり一安心ですが、
気になるのは一体どこで
僕のデビットカードはスキミングされ、
何に使用されていたのか…

履歴と記憶をさかのぼってみて、
カードを使用した場所を洗い出す。

a,オーストラリアでおなじみの某大手スーパー
b,前日友人と行ったお洒落なバー
c,KFC
d,宿泊しているバッパーのチェックイン時

ここのどれかだ。
しかしスーパーやKFCは
多くの人が利用するから
みんなスキミングされ放題って事になるし、
自分でカードを切ったし、
そこは除外しよう。

となるとbかd…
そういえばbでは支払い時に
カードを店員さんに預けたよな…

怪しい、メチャクチャ怪しい。
でも結構ちゃんとしたとこだったし、
大きなバーだったんだけどなー。
ああいう場所でもスキミング
されたりしたらほんと
怖くてカード使えなくなる!

実際僕はしばらくカードを使う事に
恐怖感を覚えてしまいました。

ちなみに犯人は僕のいる場所とは
全然違う州で、
僕のお金で買い物したり、
携帯の料金を支払っていました!

fu◯k!

後日、新しいカードができたわよ〜
と銀行から連絡があり受け取りに行き、
またあの優しいオネーサンが
対応してくれてHappyになりました。

その後無事お金は戻ってきましたよ〜

オーストラリアって結構
スキミング犯罪が多いらしいので、
十分注意して楽しい旅にしましょうね!

スキミング被害を最小限に抑えるための5つの対策

こちらに対策を書きましたので参考にしてみてください。

海外でスキミング被害を予防するための5つの対策

【ワーホリにおすすめのクレジットカード】

https://workingholidaygo.com/column/creditcard

スキミングの話やジャスティンビーバーに会った話、ハリウッド映画のエキストラの話など、オーストラリアでの半年でおこった様々な出来事を書いた電子書籍『世界旅行記①オーストラリアワーホリ編』はこちら▼面白いですよ!

関連記事

オーストラリアで過ごすクリスマス2016

【ファーム体験②】スタンソープでイチゴピッキング〜I luv farm〜

シドニーのクリスマスプロジェクションマッピング

【Australia/Stanthorpe】田舎町で毎日イチゴを摘んでた頃の記憶

【ファーム体験①】スタンソープでイチゴピッキング〜Red hill berrie...

NO IMAGE

シドニーワーホリ中エキストラの仕事でジャスティンビーバーにあった話